PMユニバーシティ

プロジェクトマネジメントのコミュニティサイト

SPEC
 
トップページ公開セミナー > アドバンスコース(上級編)
www.pm-university.com
コンテンツ
PMニュース
セミナー情報
公開セミナー
ダウンロード
PMUについて
PMUとは?
FAQ
お問い合わせ
関連団体リンク
関連パートナー企業
会員登録はこちら
 
 推奨ブラウザ: 
 Internet Explorer 6.0以上 

公開セミナー


アドバンスコース(上級編)
◆マネージング・コンプレックス・プロジェクト
 
新しい考え方―既知のプロジェクトマネジメント技法とツール適用に対する新しいアプローチを必要とします。マネージング・コンプレックス・プロジェクトは、そうしたプロジェクトの未知の複雑さを評価し、成功をもたらす最適なアプローチと技法を展開するための体系的なマネジメント手法を提供します。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇通算3年以上のプロジェクト実務経験があり、プロジェクト・チー
   ムで、プロジェクト・マネジャーあるいはリーダーの経験のある方
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・コンプレックス・プロジェクトとは
  −コンプ・激Nシティ論の構成要素/リーダーシップのアプローチ
    技法
  ・プロジェクト・コンプレクシティ・インジケータ
  ・コンプレックスプロジェクトマネジメントモデル

  <2日目>
  ・コンプレックス・プロジェクトの設計
  −コンプレクシティの計画/リスク分析と対応計画/変更管理
  ・コンプレックス・プロジェクトの実行
  −フレームワークの策定/実行とコントロール/ツールの選定
  ※各章にて演習・ケーススタディを実施いたします。           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-02-19(月)〜2018-02-20(火)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:16.00ポイント、リーダーシ
   ップ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。
  ・ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認
    定されており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆トラブルプロジェクトの克服技術
 
問題が起きたプロジェクトのアセスメントの計画・実施、また最初の計画に戻すためのステップ・技法を学習します。この技術を学ぶことにより、典型的なプロジェクトのミスを避けることも可能となります。スピード、正確さ、慎重さおよびスキルを用いて迅速に対応しなければならないプロジェクト・マネジャーにとって必須のプログラムです。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇プロジェクト・マネジャー、リーダーおよびリーダー候補
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・アセスメントチャーター作成プロセス
  −アプローチ方法の決定/アセスメントチャーター作成
  ・アセスメント計画作成プロセス
  −プロセス・ツール・方法論設定/計画書作成
  ・アセスメント計画実施プロセス
  −インタビュー/データ分析
  ・演習:アセスメントチャーター作成
  ・演習:アセスメントプラン作成
  ・演習:トラブルプロジェクトのアセスメント(現状と原因の分析)

  <2日目>
  ・回復計画作成プロセス
  −詳細計画作成
  ・回復策実施プロセス
  −計画実施/ベースライン/計画更新
  ・問題プロジェクトの防止
  ・演習:プロジェクトの回復計画作成
  ・演習:プロジェクト回復に向けた顧客との合意           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-03-15(木)〜2018-03-16(金)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポ
    イント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:16.00ポイント、リーダーシッ
    プ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。
  ・ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認定
    されており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆要求マネジメント(旧スコープマネジメント)
 
プロジェクト・スコープの基礎となり、スコープ変更の要因ともなる要求を適切にマネジメントする要求マネジメント・プロセスについて、主な手法を実践的に学習します。ステークホルダーとの関係性構築を含め、要求定義から変更管理、成果物テスト、終結に至るプロセスに則って、要求に関する諸問題に着実に対処できるようにします。ケーススタディや演習を多く取り入れ、学んだ知識の確認と実践力を強化することを目指します。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇プロジェクト・マネジャーおよびリーダー、顧客窓口・ニーズ分析担
   当者など
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・プロジェクトに影響を及ぼす要求の諸要素
  −要求事項とは/要求/リスクを識別するためのツールと方法
  ・要求マネジメント・プロセス
  −要求マネジメント・プロセス確立手順
  ・ステークホルダーと要求
  −ステークホルダー分析/コミュニケーション計画
  ・要求識別
  −機能的要求事項とは/大前提的要求事項とは

  <2日目>
  ・要求抽出
  −インタビュー/ビジネス・プロセス分析
  ・分析、レビュー、承認
  −ベースライン策定プロセス/要求事項の文書化技法
  ・要求変更管理
  −要求変更管理プロセス/影響分析のツールと技法
  ・要素成果物テスト
  −テスト計画の策定と実施
  ・要求プロセス終結
  −終結のための文書化
  ※各章にて演習・ケーススタディを実施します。           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2017-12-20(水)〜2017-12-21(木)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポ
   イント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:16.00ポイント、リーダーシッ
   プ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。
  ・ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認定
   されており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆組織戦略とプロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント
 
組織の戦略設定とプロジェクト選定(ポートフォリオ)、個々のプロジェクト実施の戦略的なプロジェクトマネジメントを演習を通じて実践できるようにする上級PMを対象にしたプログラムです。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇プロジェクト・マネジャー、リーダーおよびリーダー候補
  ◇PMP®資格取得者
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・組織戦略の内容
  −戦略の定義/変化への対処手法としての戦略
  ・組織戦略(アプローチとテクニック)
  −戦略策定におけるステークホルダーの役割評価
  −成功する戦略の要素特定
  ・ポートフォリオ・マネジメント(戦略)
  −ポートフォリオの定義/ポートフォリオ・マネジメントの課題と利点
  ・ポートフォリオ・マネジメント(設定と選定)
  −ポートフォリオのためのプロジェクト選定

  <2日目>
  ・ポートフォリオ・マネジメント(アライメントの維持)
  −プロジェクト・パフォーマンスおよびプロジェクト・ゲートウェイのレビュー
  とプロジェクトポートフォリオマネジメント
  ・戦略的プロジェクトマネジメント
  −戦略的アライメン・gの意義
  ・プロジェクトマネジメント(アライメントの維持)
  −プロジェクト戦略のアライメント維持/アライメント・プロセスの確立法
  ※各章にて演習・ケーススタディを実施します。           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-02-26(月)〜2018-02-27(火)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポイ
   ント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:3.00ポイント、リーダーシップ:
   2.00ポイント、ストラテジック:11.00ポイント」です。
  ・ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認定さ
   れており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆実例に学ぶプロジェクトマネジメント
 
ソフトウェア開発の失敗プロジェクト、成功プロジェクトの事例をケーススタディとして、プロジェクトを成功させる為には何を行うべきかを討論し、現場で活用できるプロジェクトマネジメントのノウハウを学びます。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇ソフトウェアプロジェクトのサブリーダ〜中堅リーダ
  ◇PMP®資格取得者
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・失敗プロジェクトの分析
  −実例1の説明
  −演習:問題点の洗い出し
  −演習:原因・対策の検討
  −演習:・ウ訓の検討

  <2日目>
  ・成功プロジェクトの分析
  −実例2の説明
  −演習:お客様予算と提案金額のギャップフィル
  −演習:リスク対策
  −演習:マルチベンダー開発の対策検討
  −演習:遠隔地のお客様とのコミュニケーションマネジメントの検討
  −演習:若手SEの育成           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-02-13(火)〜2018-02-14(水)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポ
   イント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:14.00ポイント、リーダーシッ
   プ:2.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆プログラムマネジメント
 
このコースでは、戦略実現に直結するプログラムマネジメントの知識・スキル修得とプログラムマネジャーとしての役割と重要なフレームワークを学習します。また、ケーススタディを通して、実際に直面するであろう問題と機会を体験し、応用力を身につけます。 本コースは、PMI®のプログラムマネジメント標準第2版に準拠したコースです。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇上位プロジェクト・マネジャーやプログラム・マネジャー
  ◇経営企画、戦略部門マネジャー、メンバー
  ◇PMOメンバー
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・・Cントロダクション
  −プログラムマネジメントとは/プログラム・ライフサイクル
  ・プログラムの事前準備
  −ミッション、ビジョン、バリュー/プログラム・ビジネスケース
  ・プログラム立ち上げ
  −プログラムマネジャー・コンピテンシー
  −プログラム憲章/ステークホルダー・マネジメント
  ・プログラム・セットアップ
  −プログラムマネジメント計画
  スコープ、目的の定義
  ベネフィット実現計画、ベネフィット・マップ
  ビジネス・ルール/PWBS

  <2日目>
  ・プログラム・セットアップ−2
  −プログラム・ガバナンス・プロセスとインフラストラクチャーの確立
  ガバナンス計画、プログラム・インフラ − PMO
  プログラム指標
  ・プログラム・ベネフィット創出
  −プログラム・コンポーネントの立ち上げとマネジメント
  −進捗のモニタリングと分析/プログラムリソース管理
  −グローバル・チームにおけるプログラムマネジメント
  −リスク&コンティンジェンシー・マネジメント
  −ベネフィット実現の測定
  ・プログラム終結
  −ベネフィット実現の検証/教訓、文書化/定常業務への移管
  ※各章にて演習・ケーススタディを実施します。           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-02-21(水)〜2018-02-22(木)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポ
   イント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:8.00ポイント、リーダーシッ
   プ:0.00ポイント、ストラテジック:8.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆マネージング・グローバル・プロジェクト(日本語)
 
このコースでは、国内のプロジェクト・マネージャーとは異なる、グローバル・プロジェクト・マネジャーとして直面する特有かつ複雑な問題(文化/言葉の違い、戦争や暴動、国政の変動、為替の変動、インフラや法律の不整備など)を検証し、なぜグローバル・プロジェクトのマネジメントが、国内のものより困難であるか考え話し合います。また、グローバルなプロジェクトをマネジメントするために必要なソフト・スキルについて触れていきます。
        
対 象   ◆アドバンスコース(上級編)
  ◇上位プロジェクト・マネジャーやプログラム・マネジャー、
  ◇グローバルなプロジェクトに携わるプロジェクト・マネジャー、およ
   びリーダー
  ◇今後グローバル・プロジェクトを担うプロジェクト・マネジャーやメ
   ンバー 
期 間   通い2日間
概 要   <1日目>
  ・グローバル・プロジェクト全体像
  −グローバル・プロジェクトとは/グローバルPMの特性
  −世界のプロジェクト・マネジメント
  ・グローバル・プロジェクト準備
  −立ち上げ/構成/異文化学習
  ・グローバル・プロジェクト計画時の課題
  −計画/チーム立ち上げ/ステークホルダー/WBS

  <2日目>
  ・グローバルプロジェクトと政治・文化・法律
  −グローバル・プロジェクトの導入/ホスト国での第一歩
  −各種障害/ボイコットとビジネス倫理
  ・グローバル・プロジェクトの落とし穴
  −ジョイントベンチャーと戦略アライアンス
  −業種別の問題/調達業務の障害/バーチャルチームの運営
  ・グローバル・プロジェクトの管理
  −効率的なグローバル・プロジェクト管理システムの特性
  −変更管理/品質管理とリスク・マネジメント
  ・グローバル・プロジェクトの効率的な終結
  −終結プロセス/繰り返し発生する問題
  ※各章で演習・ケーススタディを実施します。           
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-01-23(火)〜2018-01-24(水)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポ
   イント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:10.00ポイント、リーダーシッ
   プ:6.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆アジャイルPM基礎
 
このコースでは、アジャイルとは?から始まり、従来のウォーターフォール(WF)型プロジェクトのコンセプトと比較しながら新しいPM手法の一つであるアジャイルプロジェクトマネジメント(APM)の特徴とアジャイル環境下における課題について考えます。また、アジャイルプロジェクト・マネジャーの特徴と求められるスキルにも触れ、これまでのプロジェクト・マネジャーとの違いを考えていきます。これからアジャイルPMの導入を考えるための基礎を学習します。

<スキル習得目標>
プロジェクトマネジメントにおけるアジャイルとは何か?を理解する
アジャイルプロジェクトマネジメント(APM)環境の特性が分かる
WF型のコンセプトとAPMの違いを理解し、適切なプロジェクト手法を選択できる
WF型PMからAPMへの移行における課題を特定する
アジャイルプロジェクト・マネジャーの特徴と求められるスキルが分かる
        
対 象   アジャイルプロジェクトマネジメントに関心のある全ての方
  これからアジャイルの考え方を導入検討されているマネジャー、
  PM、メンバーの方
期 間   通い1日間
概 要   イントロダクション
  ユニット1 アジャイルプロジェクトマネジメントとは?
  −アジャイルの歴史
  −アジャイルマニフェスト
  −アジャイルの誤解 etc

  ユニット2 ウォーターフォール(WF)型との違い
  −WF型PMとAPMの比較
  −PMBOKとの関係

  ユニット3 アジャイル環境下における課題
  −アジャイルの文化
  −アジャイル導入における課題
  −アジャイルプロジェクトマンジャーの特徴と求められるスキル

  まとめ
          
受講料   定価        54,000円/人(税抜き価格 50,000円)
  割引価格   48,600円/人(税抜き価格 45,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2017-11-20(月)
  東京会場 2018-02-05(月)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(PDU・8ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:8.00ポイント、リーダーシッ
   プ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆アジャイルPM実践ワークショップ 
 
アジャイルプロジェクトマネジメントの基礎知識を学んだ後のフォローアップ・コースの位置づけとして、演習・ディスカッションを中心にした初級者向け実践コースです。知識の復習に加え、アジャイル・フレームワークとしてのスクラムの概要についても触れながら、具体的なアジャイルプロジェクトの進め方をアジャイル・チームに見立てたグループで体感していきます。コース後半には、当コースで学んだすべてを使ってアジャイルプロジェクト総合演習を行い、より現場での実践に近づけます。

<スキル習得目標>
アジャイル開発チームに不可欠な自己組織化について理解ができる
アジャイル開発プロセスで重要なタイムボックスによる作業の流れが理解できる
アジャイル開発プロセスでの見積の手法について理解できる
アジャイル開発プロセス体験を通して現場実践のイメージをつける
        
対 象   アジャイルPM基礎コースを受講した方、または同等の基礎を学習された方
  アジャイルの概要の理解から実践へのヒントを得たい方
期 間   通い1日間
概 要   イントロダクション/アジャイル基礎の振返り
  −なぜアジャイル?
  −アジャイルマニフェスト
  −WF型とアジャイル型
  −アジャイルの種類 etc

  1. アジャイルプロセスワークショップ

  2. アジャイルプロジェクトマネジメント
  −進め方概要
  −スクラム概要(3つの役割、3つの成果物、4つのイベント)

  3. 総合演習
  −スクラム開発ワークショップ
         
受講料   定価        54,000円/人(税抜き価格 50,000円)
  割引価格   48,600円/人(税抜き価格 45,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2017-11-21(火)
  東京会場 2018-02-06(火)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(PDU・8ポイント)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:8.00ポイント、リーダーシッ
   プ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆アジャイル要求開発 
 
重要な情報を記録、収集し、まとめるためのツールやテクニックの提供とともに、アジャイル環境下における要求の引き出しのプロセスにフォーカスします。また、要求レベルを区別する方法と正しいタイミングで正しいレベルの要求を収集する方法をインタラクティブなコース運営を通して理解していきます。

アジャイルプロジェクトマネジメントの基礎や概要を一通り学習し、更に一歩踏み込んだ各論をお探しの方にお勧めのコースです。アジャイルプロジェクトマネジメントを実務に生かす第一歩としてご活用ください。

<スキル習得目標>
・要求の課題に対処できる
・ステークホルダーとそのオーナーシップを分析する
・要求収集の4つのプロセスを使用する
・プロダクト・ビジョンと顧客の満足状態を定義する
・非機能/テクニカル要求を特定する
・要求収集のためのファシリテーションおよび引き出しテクニックを使うことができる
・要求の“完了”がいつか定義できる
        
対 象   ◆プロジェクト・マネジャー、アジャイルコーチ、スクラムマスター、
   プロダクトオーナー、ビジネスアナリスト、開発者など
  ◇要求をより効率的・効果的に収集する方法を学びたいすべての方
期 間   通い2日間連続
概 要   ユニット1:アジャイル概要
  ユニット2:アジャイルチームの一日
  ユニット3:要求の収集計画
  ユニット4:ビジョニング
  ユニット5:要求の発見と分解
  ユニット6:・v求の優先順位づけ
  ユニット7:要求の掘り下げとテスト
  ユニット8:要求の変更管理
  ※各ユニットには、講義、ディスカッション、演習が含まれます。
          
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2017-12-11(月)〜2017-12-12(火)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(16PDU)の取得が可能です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆アジャイルプロジェクトの見積りと計画
 
アジャイルプロジェクトで必要な先行する要求とそのサイズ、設計や計画に最低限必要なもの(コト)を構成するものについて扱います。また、ケーススタディやマイケースを通じて次の6項目に関する計画についても学習します;戦略、ポートフォリオ、ロードマップ、リリース、イテレーション、デイリースタンドアップミーティング

アジャイルプロジェクトマネジメントの基礎や概要を一通り学習し、更に一歩踏み込んだ各論をお探しの方にお勧めのコースです。アジャイルプロジェクトマネジメントを実務に生かす第一歩としてご活用ください。

<スキル習得目標>
・従来型の計画と見積りの課題を整理する
・アジャイルとは何か?なぜアジャイルを使うのか?を定義する
・アジャイル見積りができる
・ベロシティとキャパシティの説明ができ、最初のベロシティの見積りができる
・アジャイル・メトリクスがわかる
        
対 象   ◆プロジェクト・マネジャー、プログラム・マネジャー、アジャイルコーチ、
   スクラムマスター・Aプロダクトオーナー、PMO、ビジネス・スポンサーなど
  ◇アジャイルの基礎知識をお持ちの方
期 間   通い2日間連続
概 要   ユニット1:計画と見積りに対する問題の克服
  ユニット2:ユーザーストーリーの作成
  ユニット3:見積り手法
  ユニット4:ベロシティの理解
  ユニット5:リリース計画の作成
  ユニット6:複数チームのプログラム計画
  ユニット7:予算計画の実践と落とし穴
  ※各ユニットには、講義、ディスカッション、演習が含まれます。
          
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場 2018-02-07(水)〜2018-02-08(木)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(16PDU)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:16.00ポイント、リーダーシ
   ップ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆PMリーダーシップ研修
 
この研修では、(職位や権力によるリーダーシップではなく)「他者尊重」をベースにして、他者からの主体的な協力を引き出すためのリーダーシップ(対人影響力)の基本を習得します。ロールプレイ、チーム学習を通して実践的に学習するプログラムです。
        
対 象   ◇職場でリーダーシップ発揮を期待されている方
  ◇プロジェクトマネジャーおよびメンバーなどプロジェクトに関わる
   すべての方
  ◇PMP(R)の資格取得者
期 間   通い2日間連続
概 要   (1)主体的な行動としてのリーダーシップとは【講義・演習】
  (2)リーダーシップの5原則【講義・演習】
  ・リーダーシップ診断
  ・理解を深める話し合い
  ・フォローアップ活動
  ・リーダーシップ5原則の位置付け
  ・主体的に他者を動かす「心のイニシアティブ」
  (3)傾聴力の発揮【講義・演習】
  ・キーアクションの理解
  ・理解を深める話し合い
  (4)建設的フィードバック【講義・演習】
  ・キーアクションの理解(主体的行動と率先垂範)
  ・理解を深める話し合い
  ・フォローアップ活動
          
受講料   定価        108,000円/人(税抜き価格 100,000円)
  割引価格   97,200円/人(税抜き価格 90,000円)
定 員   18名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   今年度は終了いたしました。
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(16PDU)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:0.00ポイント、リーダーシッ
   プ:16.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△

◆上級PMの判断基準を学ぶプロジェクトケーススタディ
 
中級プロジェクトマネジャーを対象として、より複雑な状況におけるケーススタディを題材に実践的な学びをご提供します。本コースでは、PMBOKとの紐づけよりも、講師経験談やリスクブレークダウンストラクチャーの策定などに時間を割きます。
リスクは具体的でないと理解・実感できませんが、それを理解した後は抽象化しないと、他事例で活用できないためです。

<スキル習得目標>
1.複雑な前提条件や制約条件のプロジェクトマネジメントにおいて、具体的な問題解決ができる思考を身につける
2.QCD含め様々なトレードオフによる問題の問題解決ができる思考を身につける
3.他受講者との交流により、多様な解決方法や文化を理解し、視野を広げる

<ケーススタディ例>
・プロジェクト内のQCDのコンフリクト
・お客様およびメンバー間のコンフリクト
・問題プロジェクトにおける対応等
        
対 象   ◇中級プロジェクト・マネジャー
  ◇PMP(R)の資格取得者
期 間   通い1日間連続
概 要   1.RBSとは
  2.実践W/S@
  3.実践W/SA
  4.実践W/SB
  5.実践W/SC
  6.実践W/SD
  7.まとめ
          
受講料   定価        54,000円/人(税抜き価格 50,000円)
  割引価格   48,600円/人(税抜き価格 45,000円)
定 員   20名
時 間   9:30〜18:30 
会 場   東京会場(MAP)
日 程   東京会場  2018-02-19(月)
取得ポイント   ・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要な
   ポイント(8PDU)の取得が可能です。
  ・本コースのPDU明細は「テクニカル:2.00ポイント、リーダーシッ
   プ:3.00ポイント、ストラテジック:3.00ポイント」です。                   

△公開セミナーTOPへ戻る                                        ページの先頭へ△


<< お問い合わせ窓口 >>

SPEC address



PMニュースPM研修│公開セミナー│ダウンロードPMUとは?FAQ
お問い合わせ関連団体リンク関連パートナー企業利用規約個人情報保護について(SPEC)
 
ページの先頭へ△